Home > スポンサー広告 > エアロスミス、8年ぶり新作は「ヴィンテージ・サウンド」への回帰か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://onsokuvip.blog133.fc2.com/tb.php/1072-d753ba7a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 【おんそく】音楽速報

Home > スポンサー広告 > エアロスミス、8年ぶり新作は「ヴィンテージ・サウンド」への回帰か

Home > 音楽ニュース(海外) > エアロスミス、8年ぶり新作は「ヴィンテージ・サウンド」への回帰か

エアロスミス、8年ぶり新作は「ヴィンテージ・サウンド」への回帰か

20101203_1310991.jpg
1 ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★2012/03/01(木) 21:33:15.91ID???0

エアロスミスのフロントマン、スティーヴン・タイラーが、新作と、サウンドの 方向性について「ヴィンテージ・サウンド」を取り入れたものになると明かしている。  昨年よりレコーディングに入ったことが伝えられていたエアロスミスだが、 現在制作中の新作は、2004年にリリースしたアルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ』 (カバー・アルバム)以来、約8年ぶり、通算14枚目のスタジオ・アルバム。 プロデューサーは1970年代にバンドを手がけていたジャック・ダグラスが務めている。 現在のメンバーの調子も良好のようだが、スティーヴンは「この最新作を世間や ファンに聴いてもらった時こそ、本当の意味で音楽業界に"復帰"したことになるだろう」 と話している。

スティーヴンは、本作のサウンドについて「テープに録音したり、古き良き昔ながらの 方法を色々と使っている。ヴィンテージ・サウンドを取り入れるってことになるんだろうね」 と明かし、「トラック数を減らし、むやみに音を重ねないようにしている。ジャックの能力を 最大限に使うってことさ。つまり、エアロスミスがシーンに戻ってきたなって思える曲を いくつか聴かせられると思うよ」と自信を覗かせた。

 また、現在アメリカのオーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員を務める スティーヴンだが、再びバンドのために曲を書けることを"素晴らしい時間"と感じているようで、 1970年代に曲を書いていた頃を思い出しているとローリング・ストーン誌に語った。 「また"曲を書く"という楽しい時間を過ごしているんだ。現時点では、歌詞もなければ メロディもない抜け殻みたいな曲があるだけなんだけど、元々はただのメロディだった "バック・イン・ザ・サドル"みたいに、空白を埋めなきゃならないんだ」  昨年の段階では今年3月~夏頃と言われていたエアロスミスの新作だが 現時点で式なリリース日は発表されていない。

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/03/01/105/index.html
エアロスミス公式サイト
http://:www.aerosmith.com/



4名無しさん@恐縮です2012/03/01(木) 21:43:07.16IDs9LG5M+t0
曲が良かったのは「PUMP」までかな
「GET A GRIP]はまあまあ
それ以降は良い曲が書けなくなった印象


8名無しさん@恐縮です2012/03/01(木) 22:25:57.43ID/jI7SfYy0
自分たちで曲作れよ
提供曲で売れてもねぇ・・・


12名無しさん@恐縮です2012/03/01(木) 22:46:38.95IDq71TqaIF0
ipodで聴くのはライブブートレッグか、パーマネントヴァケイションが多いな。


15名無しさん@恐縮です2012/03/01(木) 23:05:31.22ID/mvBm74d0
>>12
Permanent Vacationはエアロスミスの最高傑作。
異論は認める。


13名無しさん@恐縮です2012/03/01(木) 22:56:33.03ID0t68ZkNh0
1stのヘタクソ加減が最高だったのに


22名無しさん@恐縮です2012/03/01(木) 23:37:03.38IDI1SHsdoz0
ジョーのソロが良かったからな
当然あれ以上を期待してるよ


28名無しさん@恐縮です2012/03/02(金) 01:43:46.95IDSbgrk/Pa0
Jadedみたいなキャッチーな曲はいらない
昔のようなロックを聞かせてくれよ


29名無しさん@恐縮です2012/03/02(金) 03:53:10.81IDwTeMDjHP0
若作りしなくていいから汚い音で野生味のあるアルバムにしてほしい


36名無しさん@恐縮です2012/03/02(金) 10:25:10.57IDRybpwSO20
なんかangelで丸くなった気がするな。

ここ10年くらいこの手のバンドは勢いがなくなってきてるのかな?
Guns'n RとかDokkenとかシンデレラの後の売れてる勢力って名前が出てこないや。
俺が知らないだけかな?


37名無しさん@恐縮です2012/03/02(金) 12:28:04.05IDwtYhEJYF0
Rock In A Hard PlaceもDone With Mirrorsも悪くないよね
後者だとDarknessが格好良い


40名無しさん@恐縮です2012/03/02(金) 18:56:03.77IDO0XknaD/0
>>37
Done With Mirrorsいいよな。
俺はLet the music do the talkin'のノリが好きだ。
俺の中ではDraw the lineに並ぶ名曲。


Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://onsokuvip.blog133.fc2.com/tb.php/1072-d753ba7a
Listed below are links to weblogs that reference
エアロスミス、8年ぶり新作は「ヴィンテージ・サウンド」への回帰か from 【おんそく】音楽速報

Home > 音楽ニュース(海外) > エアロスミス、8年ぶり新作は「ヴィンテージ・サウンド」への回帰か

タグクラウド
記事別
アクセス
アクセスランキング
サイトマップ

全ての記事を表示する

オススメ
スポンサードリンク

Return to page top

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。